少子高齢化で労働人口が減り、終身雇用制度が崩壊していく日本は新しい働き方を模索している。しかし残念ながら明確な答えは未だ見つかっていない。グローバル化が加速する中で、新しい働き方を創造するために設立されたのが株式会社サーキュレーションだ。埋もれている能力や経験を活用し、経験・知見が循環する社会を通じて世の中を豊かにすることを追求している。今回は代表取締役の久保田氏にお話をうかがった。

富士山と膨大な父の蔵書に囲まれて育った

1982年、静岡県東部に位置する富士川で、久保田氏は五人兄弟の長男として生まれた。京大で心理哲学科を専攻し、地元で最大の学習塾を営む父の 「子供は自然の中で育てるべき」という教育方針のもと、山や川で泥んこになって遊ぶ子供だった。家庭ではゲームや映画は禁止。僅かに許されたマンガは、手 塚治虫のみ。その代わり父の膨大な蔵書は好きなだけ読むことができた。「読む本には困らない幼少期でした。とても厳しい父でしたね。鬼塾長でもあったの で、生徒もみな震え上がっていました(笑)」

当時の静岡県では、東大や京大を狙う進学塾はまだ珍しかった。静岡県の学習塾連盟の初代理事長だった父は、経営者というより教育者。自分にも人にも 厳しく、いつも忙しく働いていた。父と一緒に過ごす時間は少なく、優しく褒められた思い出はないという。「塾と同様、私も父からスーパー詰め込みガッツ型 の教育を受けました。『塾の息子』として優等生であることを求められました。学校の成績はぐんぐん上がりますが、勉強は好きじゃなくなる。だんだん父に反 発を感じるようになっていきました」

kubota_1_2

小3で家出。進学のたびに勃発する父とのバトル

父の蔵書にあった数々の偉人の伝記に夢中になり「世の中を変える人になりたい」「早く働きたい」「広い世界を見たい」と感じていた久保田氏は、有名 大学への進学が絶対と考える父とは対立するようになる。小3で静岡から横浜の叔母のもとに家出をした。「山や川で遊んだサバイバル経験のおかげか、小さい 頃から勇気と行動力はありましたね。もっとも父と叔母は連絡を取り合っていたので、その後ちゃんと家に戻りましたが(笑)」

高校時代は、なるべく父と会わないように過ごした。大学に入学するも、サークル活動で4年間遊び暮らす学生たちを目の当たりにし、そのモチベーショ ンの低さに愕然とした。早く働きたいという気持ちが強かった久保田氏は、大学生活と平行して19歳で海外に荷物を届けるハンドキャリーとして働きながら広 告業をスタートさせた。仕事は双方ともやりがいが大きく。自分が描いた学生生活に近づけていった。

突然父が倒れ、実家に戻り事業の倒産処理へ

自由な学生でありながら仕事をする生活を謳歌し始めた頃、突然父が倒れた。階段から落ちて昏睡状態が長く続くことになった。21歳だった久保田氏は 急遽実家に戻り、父の事業を支えることになった。当時中小企業の倒産が相次ぐ中、父が個人資本で設立・運営していた事業は行き詰まり、久保田氏はこれまで 経験のない倒産処理に携わることになった。「当時は事業に必要な現金がどこにあるのかもわからない。借金がどれだけあるのかも分からない。先生達は去って いく。落ち着くまでは本当に大変でした」

久保田氏の下には、これから大学進学を控えた弟や妹がいた。一家を支えるには、安定収入を確保できるサラリーマンになるしかなかった。「サラリーマ ンとして働くなら、これから伸びるマーケットに行きたい」「将来起業したときの仲間に巡りあえるところがいい」と考え、2005年にインテリジェンスに入 社した。大学時代にビジネスを成功させ、倒産処理も経験してきた久保田氏はその「尖った経験」を根拠として、自信にあふれた新入社員の幕をあげた。ところ が…。

kubota_1_3

営業ができない、数字が上がらない…

2005年、インテリジェンスに入社した久保田氏。自信をもって営業の仕事に挑んだが、数字が上がらない悔しさを痛感することになった。なぜ売れな いのか。「社会人1年目はあちこちで鼻を折られました(笑)いま考えると、当時はお客さんの話をちゃんと聞いていなかった。毎朝5:30に起きて、業界に 関するビジネス本を読み、日中はそれを実践する生活を1年続けて、2年目にやっと売れるようになってきました」

その後着実に頭角を現していった久保田氏は、入社3年目に25歳で最年少のマネージャーに、27歳で金融サービスの部長に就任した。組織を率いる立 場として順調に滑り出したこの頃、久保田氏は念願の夢だった新しい仕事に取り組み始めた。それが現在の株式会社サーキュレーションのアイデアの基になる顧 問ビジネスだった。部長職をこなす傍ら、週末にシニアと会って準備を進めた。そして1年半かけてインテリジェンスの経営陣から合意をもらい、サービスの立 ち上げ資金を取得。自らが社長となり、社内ベンチャー「アイコモンカンパニー」をスタートさせた。

kubota_1_4

大企業ならではの利点と限界に悩む

「アイコモンカンパニー」を成長させる中で、久保田氏は新しい壁にぶつかっていた。「誰よりもこのビジネスの可能性を信じていた。当初から多角経営 を念頭に置いていたので、だんだん大企業の枠や強いルールを窮屈に感じるようになってきました。大きな組織は資金面では安心ですが、稟議が遅い。決定まで 何段階も承認を得なくてはなりません。とにかくスピードが重要視される環境の中でルールが優先される状況。資本は既存の中核事業に投資されるので、新しい イノベーションはどうしても後回しになってしまうんです」
社員が増加し、会社の仕組みが出来てきたことを見届け、久保田氏は退職を決意。新しい転機を創り出した。2014年、31歳のときだった。

シニア人材の活用である顧問ビジネスに留まらず、社会全体で新しい働き方を創造する株式会社サーキュレーションを設立、代表取締役に就任した。前職 の仲間と投資銀行や外資系コンサルティング会社出身のメンバーを迎えてのスタートだった。「組織基盤がなく、全て自分達で行う立上げ期を経て、よりやりた いことが定まってきた。」と久保田氏は語る。

大切なのは会社の伸びよりも、登り方が正しいかどうか

設立から約16ヶ月、社員数や売上は順調に伸びている。しかし久保田氏は満足していない。「山の頂上を目指すことが決まっているので、規模や売上な どの数字よりも、登り方が大切。そして、登るプロセスが面白い。どの山をどのように登るのかを決めるのが、私の役割。そして目指す頂上は絶対なものではな く、社会のニーズに合わせて柔軟に変化させる必要がある。今どこにいるのかを、定量・定性面でしっかりと捉えていくのが重要だと考えています。

少子高齢化で労働人口が減り、終身雇用制度が崩壊していく日本は、新しい働き方を模索しているがその答えは未だ見つかっていない。「これからは有能 な人は年齢に関係なく複数の会社で働き、いろんな組織や環境で自分の能力を発揮できる時代になるでしょう。株式会社サーキュレーションでは、経験・知見が 循環する社会を醸成することを通じて、働く人を元気にしていきたいと考えています」という久保田氏。時代の変化を見据えて、新しい価値創造のために果敢に 戦い続ける姿勢は、まわりの人達を強く惹きつけている。

取材:四分一 武 / 文:ぱうだー

メールマガジン配信日: (前編)2015年6月10日 (後編)2015年6月17日